無料ブログはココログ

ブログ内検索機能

2019年10月31日 (木)

パプリカ

Img_0440
最近のマイブーム
パプリカ
この歌が頭をぐるぐる

2019年5月19日 (日)

折重由美子・市山信子さんミニライブ!

Dscf7090
折重由美子
さん

クラビオーラ奏者

バイオリンニストの市山信子さんとの
ミニライブでした!

生の演奏は
迫力ありますね
聴いてて気持ちいいです



素敵な音楽をありがとう

サイン入りのcd
S0727077

「魔法の毛布」
以前のブログ
http://inotaka2001.cocolog-nifty.com/the/2009/02/2-claviola-20c7.html

2018年12月 5日 (水)

二十数年ぶり?ミポリンの生歌聞いたわ

P1280744
久々だ
中山美穂の生歌

「世界中の誰よりきっと」

いい歌だな~

奏くんも一時この歌にはまったそうです。

当時のような澄んだ声ではないけど
それはそれで円熟味が増してよかったのでは?


今日もぽかぽか日和でした。

広島ブログ←クリックお願いしま
←クリックお願いしま    

2014年6月 4日 (水)

佐藤博 追悼アルバム UNDERCOVER

F534fa49cc2613
予約していたアルバムが届きました

佐藤博 UNDERCOVER

もう三年が経つんですね。早いものです。

大好きなアーチストで
アルバムも結構集めたものです。
訃報を聞いたときは愕然としました。

http://www.musicman-net.com/artist/35319.html
佐藤博は、1970年代から活躍してきたシンガーソングライター/キーボードプレイヤー。75年に鈴木茂とハックルバックを結成、ティン・パン・アレーのメンバーとしても活躍。76年にソロ・デビュー作「SUPER MARKET」を発表し、そのシンセイサイザーの実力で細野晴臣、山下達郎、大瀧詠一などの作品にも参加。定期的な作品リリースを続ける職人的ミュージシャンで活躍を続けながら2012年10月26日、65歳の若さで他界している。

タワーレコードでは、2000年頃からのいわゆるインディーズ時代にリリース形態として世に届きにくかった楽曲のベスト・ワークスをここに一挙にコンパイル。三回忌となる2014年、生誕記念日にあたる6月3日に発売する。

佐藤博の「歌の原点」であるプレスリーのカバー、日本の童謡をモチーフにしたゴスペル・タッチのナンバー、ロスで活躍するマリエ・ディグビーとのコラボ曲で遺作となった「Sweet Lullaby」など、インディーズ時代のあくなき創作意欲が見渡せる魅力的な1枚。ボーナス・トラックには、自宅スタジオから発掘さた貴重な潜伏音源も収録。「awakening」のいわゆるレコ発の六本木ピットインでのライブ、鹿児島放送で開局から30年以上に渡ってオープニング/クロージングとなっている未発売の「輝きに向けて」など、近しいスタッフでも初めて知るようなレアなナンバーも収録。衰えることのない創作意欲で、過去を振り向くことなく常に新たな音という夢を追い続けた佐藤博の息遣いを感じられる1枚となっている。

アルバム「UNDERCOVER」
2014年6月3日(火)発売
TRJC-1032  2,778円+税
収録曲
1.THAT'S ALL RIGHT, MAMA
2.七つの子
3.Funky Mouse4. Bad Junky Blues(Op.2010_0615)
5.Angel/Hiroshi Sato feat. Marie Digby
6.トム・ソーヤの日7.Gemini
8. Epilogue-happy-(ver.Last)
9.Sepia〜17歳10.1945-シャボン玉(Op.2010_0831)
11. Sweet Lullaby/Hiroshi Sato and Marie Digby12. Opening for Pit Inn Live 1982 [Bonus Track]
13.輝きに向けて [Bonus Track]
14.輝きに向けて(Inst. ver.)[Bonus Track]
15. 2mix_Chirudo's Birthday #06a [Bonus Track]
16. Silent Night [Bonus Track]
※全曲資料的エピソード付
⇐クリックお願いします

2014年2月 7日 (金)

クラスメイトはミュージシャン

Dsc_0294_2
ルース・ド・ソル*緑の森

高校の時のクラスメートでした

平田王子さん

彼女のニューアルバムが出たとFBの友人が書いていたので

私も早速購入しました。

高校の時の彼女しか知らない私。
なんか不思議ですね。

⇐クリックお願いします

2014年1月 1日 (水)

大滝永一 A LONG VACATION

高校生のとき
本当に良く聞いたアルバムです

皆に貸したし
レコードが擦り切れるくらい聞きました。

早すぎます。
ご冥福をお祈りします。

http://www.youtube.com/watch?v=n5LiNe1cpC8

http://mainichi.jp/select/news/20140101k0000m040056000c.html

大滝詠一さん死去:「山下達郎や佐野元春も彼いてこそ」

毎日新聞 2013年12月31日 19時51分(最終更新 01月01日 00時20分)

 シンガー・ソングライター、音楽プロデューサーとして、日本の大衆音楽の一つの道筋を作った大滝詠一(おおたき・えいいち、本名・大瀧栄一)さんが死去したことが31日、分かった。65歳。葬儀日程は未定。所属レコード会社によると、30日夕、東京都の自宅で倒れ病院に運ばれたが、解離性動脈瘤(りゅう)のため死亡した。警視庁によると、家族は「リビングでリンゴを食べていて突然倒れた」と話しているという。

 岩手県奥州市出身。1968年早大入学後、細野晴臣さん、松本隆さんらと、日本語のロックを歌う「はっぴいえんど」を結成。自身のレーベル「ナイアガラ」を設立するなど音楽制作者の新たなスタイルを生み出した。

 80年代には、「A LONG VACATION」がレコード大賞ベストアルバム賞を受賞し、「君は天然色」「恋するカレン」「さらばシベリア鉄道」が注目を集めた。

 楽曲提供やプロデュースも行い、シュガーベイブ「SONGS(アルバム)」▽森進一「冬のリヴィエラ」▽松田聖子「風立ちぬ」▽小林旭「熱き心に」などのヒットに関わった。表舞台への登場は少なかったが、多くの「信奉者」を生んだ。

 音楽評論家の田家秀樹さんは「ロックは英語の音楽と思われていた70年代初めに日本語ロックを形作り、その後のロックバンドの先達となった。自宅をスタジオに改造し、秘蔵のシングル盤コレクションでラジオ番組を制作。良質なロックンロールとポップスを紹介し続けた。山下達郎や佐野元春も彼がいてこそだった」と話した。
⇐クリックお願いします

2013年7月15日 (月)

スクールバンド定期演奏会に行く!

Img_7868修道スクールバンド班
SUMMER CONCERT2013に行ってきました。

奏くんの友人も何名か入部しています。

席は満席状態。私たちは2回の最後尾で見させていただきました。
他の学校の生徒さんも大勢来ていました。R0051162
スクールバンド班の人気がうかがえます。
凄いですね。

音響、照明さすが広島文化学園HBGホールです。
(そういえば、奏くんが昔習っていた小池バレエスクールの発表会もここでした)

ただの演奏だけでなく、パフォーマンスでも楽しませてくれます。

女装がいいですね~

楽しく見させていただきました。
⇐クリックお願いします

2013年2月 6日 (水)

え!佐藤博さん亡くなってたの?

41beclq3al_sl500_aa300_1佐藤博さん
30年ぐらい前に聞いたアルバム
FUTURE FILE(1987.5)

を聞いて、クオリティの高さに虜になってしまい、それから
こつこととアルバムを集めた時期もありました。
15枚ぐらいかな?
今でも大事な宝物です。

佐藤さんは1970年代に細野晴臣さんバンド「ティン・パン・アレイ」で活動。
2007年にはドリカムのツアーで音楽監督を務めた。
08年に歌手、青山テルマ(24)のヒット曲「そばにいるね」のサウンドプロデュースも手掛け第一線で活躍されてました。

アマゾンアルバム発売のお知らせを見て、唖然!
享年65歳
早すぎます。

残念です。
⇐クリックお願いします!
 

2009年8月22日 (土)

お帰り! Aiさん

P1300275544441年半ぶりです

周南市のBARで

Aiさんの復帰ライヴ!

少し女らしくなって戻ってこられました。

パワフルさは健在!

元気一杯ですね。

みんなノリノリでした。P130004354285

Aiさんお客を乗せるのお上手!!
クリックお願いします

クリックお願いします

小さな僕の夢
モルキオ病の小さなボクは、お薬ができる日を夢見て頑張っています!
またきてくださいねー

2009年4月11日 (土)

JAZZに酔いしれて 

P125093250133 寝坊しました。

昨日はDEEPな夜を過ごさせていただきました。

周南にある
JAZZ&coffee 道

木村健一郎さんに連れて行っていただきました。


JAZZのレコードとCDをあわせて3000枚以上のコレクション!
オーディオも凄い(すみません詳しいこと解りません)

このお店は、なんといってもマスターのやさしい雰囲気がいいです。P125090550106


私の好きな
マイルスデイヴィス
木村健一郎さんの好きな
コルトレーン

マスターがJAZZにはまったきっかけのレコードを聞きながら酔いしれました。

まだまだ周南は奥が深いです

クリックお願いします

クリックお願いします

小さな僕の夢
モルキオ病の小さなボクは、お薬ができる日を夢見て頑張っています!

最近のトラックバック