« 71年目にしてアメリカ大統領が広島へ | トップページ | 広島護国神社へ! »

2016年5月24日 (火)

養源院 位牌に隠された、驚くべき秘密とは?

三十三間堂の近くにあるのですが
なかなか珍しいお寺です
S0761092
細かく説明してくださるので
とても分かりやすく良かったですね
 
Img_2511
御朱印は神を貼り付けるタイプでした
俵屋宗達の襖絵は歴史を感じさせてくれる名品ですね
やはり本物はすごい!
 
http://kyoto-higashiyama.jp/shrinestemples/yogenin/
 

養源院の再建者・崇源院と夫の2代将軍徳川秀忠の位牌には、「菊」「葵」「桐」の3つの紋が刻まれている。

菊は皇室、葵は徳川家、桐は豊臣家を象徴する紋。微妙な関係にある3つの紋が並ぶ位牌は、日本中探してもほかには見つからない。徳川秀忠の子・和子が、後水尾天皇に入内後、東福門院となった時代には、紫衣事件(寛永6年・1627年)で幕府と天皇家の間がギクシャクとなり、夫である後水尾天皇が突然の譲位をしてしまう。

3つの家紋が並ぶ位牌には、豊臣家と徳川家、徳川家と天皇家との関係の改善を願った、東福門院の切なる気持ちが現れているのかもしれない。位牌をよく目を凝らして確認して、秘密や歴史的背景に思いを馳せてみては。

←クリックお願いします

|

« 71年目にしてアメリカ大統領が広島へ | トップページ | 広島護国神社へ! »

コメント

我が家の家紋はハナモッコウ
相棒の実家はハナモッコウ
私の母は桐
相棒の母は?

最近は家紋は余り関心を持って
もらえませんよね

投稿: ノーテン小作人 | 2016年5月26日 (木) 08時20分

>ノーテン小作人 さん
私家紋知りませんわ

投稿: いのたか | 2016年6月 7日 (火) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162328/63679519

この記事へのトラックバック一覧です: 養源院 位牌に隠された、驚くべき秘密とは?:

« 71年目にしてアメリカ大統領が広島へ | トップページ | 広島護国神社へ! »