« 千田の名店居酒屋「おそ松」 | トップページ | なんで?片方だけ許可するのはおかしくないの? »

2015年6月11日 (木)

広島ライトニングからのお願いです。

広島ライトニングからのお願いです。

なぜ、広島県バスケットボール協会は、広島ドラゴンフライズは支援して
広島ライトニングを支援しないのでしょうか?
広島ライトニングは、子供のバスケ教室
広島ライトニングアカデミーも開催して、地元広島のバスケ文化に大きく貢献してるのに。

応援お願いします!
もうひとつの広島のプロバスケットチーム
広島ライトニングからのお願いです。
http://hiroshima-probasketball.com/

[お知らせ] 統一リーグ参入に関して

 広島ライトニングは来年からスタートする統一リーグ参入に向け、広島県バスケットボール協会様より、広島ライトニングへも「地方協会からの支援文書」を頂けるようお願いにあがり、ご支援頂けるよう全力を尽くして参りました。
 
 広島県バスケットボール協会様には、広島プロバスケットボール㈱がTKbjリーグ参入を目指し、2012年より活動してきたこれまでの経緯や、これまでの活動報告、広島ライトニングの育成型組織の説明、さらに財務状況や事業計画など、広島県バスケットボール協会様からのご指示に従って資料を提出させて頂き、進めて参りましたが、頂いたお返事は残念ながら、「支援はできない」というご回答でした。

 しかしながら何故、ご支援頂けないのか、という明確な理由説明がなく、これまでバスケットボールの育成と普及に全力を注いできた広島ライトニングとしては大変残念に思います。

  統一リーグは、日本全国でTKbjリーグとNBLが協力し、2つのリーグを統一し、日本のバスケットボール界を前に進めようという、大変前向きな取り組みです。まず、統一することを前提としており、他県においても、1県に複数のフランチャイズがある地域が存在し、広島を除く全てのチームがそれぞれ既に地元協会さまからの支援文書を受け取っております。 
これまで、当社は広島県バスケットボール協会様からのご指示に従い、真摯に向き合わせて頂きました。私どもは、2012年より変わらぬ想い、理念で活動させて頂いております。地元広島に良いものを作りたい。バスケットボールがしたい。という一心で、現在広島県内に、3歳から50代まで、ライトニングアカデミー、TKbjリーグ公認スクール合わせ、500名を超える子供たちからプロ選手まで「広島ライトニング、TKbjリーグ公認スクール」というチーム名を共有し、毎日活動しております。

今回の件に関し、当社としては期日ギリギリまで、できる限り平和的な解決を目指し、大きく前進しようとしているバスケットボール界のため、また、これまで広島県のバスケットボール界を先導して下さった広島県バスケットボール協会様と新たに強い信頼関係を築くことで、広島のバスケットボール界、地域の活性化に貢献できると信じて参りました。
 しかし、残念ながら現段階で広島県バスケットボール協会様から前向きなお返事を頂くことはできておりません。
 当社としましても、3年間かけてチームを作り、今シーズンようやくTKbjリーグにチャレンジできるという飛躍の年にも関わらず、大変残念に思います。
 しかし、広島ライトニングは多くのブースターの皆様、アカデミーの子供たち、保護者様、スポンサー様、地域の皆様に、育てて頂きここまできました。役員、選手、スタッフ、従業員一同、ここで諦めるわけにはいきません。
今回の件に関し、不本意ではありますが、日本スポーツ仲裁機構への異議申し立てを行い、公正、中立な立場でのご判断を仰ぎたく思います。

 TKbjリーグ広島ライトニングは、最後まで諦めず、広島県バスケットボール協会様からのご支援が頂ける様努力して参ります。皆様、どうぞ引き続きお力添えの程、宜しくお願い申し上げます。

TKbjリーグ広島ライトニング
広島プロバスケットボール(株)
代表取締役社長 中島 健太

|

« 千田の名店居酒屋「おそ松」 | トップページ | なんで?片方だけ許可するのはおかしくないの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162328/61728410

この記事へのトラックバック一覧です: 広島ライトニングからのお願いです。:

« 千田の名店居酒屋「おそ松」 | トップページ | なんで?片方だけ許可するのはおかしくないの? »