« 東京へ行ってきた | トップページ | 東京ばな奈の黒べえ 東京の新名物 »

2009年4月15日 (水)

解体の進む東京中央郵便局

何かと話題になった
解体が進む東京・丸の内の東京中央郵便局
P126024350532

裏側はかなり解体作業が進んでました

P126024450533時計の針も無くなってました。

歴史的な建築物が無くなり再開発の進む丸の内。

随分おしゃれな町にになりましたが
なんか寂しいですね
クリックお願いします

クリックお願いします

小さな僕の夢
モルキオ病の小さなボクは、お薬ができる日を夢見て頑張っています!

« 東京へ行ってきた | トップページ | 東京ばな奈の黒べえ 東京の新名物 »

東京」カテゴリの記事

コメント

東京の玄関口にあって、戦後日本の経済を支えてきた昭和の歴史遺産がついに姿を消します。よき時代の丸の内をしのぶよすがをどこに探せばいいのでしょう。どうしてこの国は効率ばかり考えて、歴史ある建物を簡単にぶっこわすんでしょう。新しい建物に歴史の襞を刻むには、心を癒す陰影を刻むには、80年の歳月が必要というのに。
そんな嘆き節を昨年末に「東京シルエット」で描きました。(詳しくは朝日コムで)

>成田一徹さん
ご無沙汰です
http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000140812080001
そうですね。
どんどん昔の丸の内さが無くなってきてます
。寂しいですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解体の進む東京中央郵便局:

» 東京中央郵便局 光の中に沈むビル【東京シルエット】 [来夢来人(いのたかBAR&読書日記)]
この建物好きです趣があって感じいいです。壊されて残念ですね東京中央郵便局 光の中に沈むビル【東京シルエット】より新丸ビル7階のオープンテラスから見た夜の丸の内である。まばゆい光を放つ高層ビル群のなかで、唯一暗く沈んだ表情のビルがある。再開発が決まり、ほどな... [続きを読む]

« 東京へ行ってきた | トップページ | 東京ばな奈の黒べえ 東京の新名物 »

2020年5月

 
 
 
 
 
1
Img_6450
2
Img_6426
3
Img_6399
4
Img_6712
5
Img_6766
6
Img_6778
7
Img_7035
8
Img_7022
9
Img_6915
10
Img_7144
11
Img_7105
12
Img_7134
13
Img_7170
14
Img_7189
15
Img_6795
16
Img_6799
17
Img_6847
18
Img_7301
19
Img_7371
20
Img_7337
21
Img_7296
22
Img_7397
23
Img_7497
24
Img_7508
25
Img_7595
26
Img_7530
27
Img_7543
28
Img_7633
29
30
31