« 陶千矛(とうせんぼう) | トップページ | 「ル・コルビュジエ 光と遺産」広島県立美術館 »

2008年9月14日 (日)

かけっこ

Dsc_055735828_2最後の運動会

「1番になりたい!」
の希望で
特訓

でも・・・・
私も小学生のころはいつも
三番か二番だったんだけどね。

ママが
「小学校のときはいつもリレー選手だった」
というのが
プレッシャーみたい。

高校までに
なれればいいんだけどね。
どちらに似ても足は速いはずなんだけどなー


  ←クリックお願いします
気blogランキング

小さな僕の夢
ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します

« 陶千矛(とうせんぼう) | トップページ | 「ル・コルビュジエ 光と遺産」広島県立美術館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

①スタート時に曲げた膝を一気に伸ばして、身体移動が始まる感覚を意識する

②肘を曲げて、後に振り上げるとき伸びないように注意

③その肘で腕降りのスピードを上げ、ピッチを上げると足がついてくる

④前に蹴り出した足の踵が膝より後に落ちないよう、足運びをチェックする

⑤後半、ややストライドを意識して、小股にならないようにする

⑥視線を遠くに定めると、コース取りがふらふらせず安定する

⑦両足を1本線上に運ぶのではなく、日本レールの上を進むように運ぶ

⑧反りすぎたり前屈みになりすぎない、バランスよい姿勢を保つ

書き出すと難しいですね。

子どもバスケの子等にこんな指導してます。

両親共に、選手だったり、クラスで代表に選ばれる程の運動神経を持っています。

ですが、僕は…
僕の競技のせいで、その大会自体が廃止になってしまった程の運動音痴です。

>trz-xxさん
ありがとうございます。
見てると手足がばらばらで、あごも上がってるので遅いのかなーと思います

>通りすがりさん
そうなんですか?
運動は遺伝ではないのですね。

何事も経験ですたい

ぼくはいつもビリでした

>ふさん
そうですね。
何事も経験ですね

子供達もそうですが、我々親も「なれるかなれないか」はこの時期の関心事ですね。
うちの娘は毎年なるのですが、息子は今年はなれなかったので、慰めています。

>ナカシさん
息子も悔しがってましたが、あの走り方では・・・無理ですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かけっこ:

« 陶千矛(とうせんぼう) | トップページ | 「ル・コルビュジエ 光と遺産」広島県立美術館 »

2020年8月

 
 
 
 
 
 
1
Img_0696
2
Img_0737
3
Img_0769
4
Img_0584
5
Img_0586_20200805220401
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31