« 桜・チューリップ・コンビナート | トップページ | 画家で賑わう »

2008年4月14日 (月)

国宝の日光、月光菩薩立像を見る

別に仏像マニアではないんですけど、
テレビで日光・月光菩薩立像が二体揃って寺外で始めて公開される。

Dsc_777024096_2お寺の方が
「是非後姿も見てください。すばらしいです」
とのコメント。
照明の方にスポットを浴びたテレビだったかな?

ということで
この日光・月光菩薩がどうしても見たくなりました。 

いやはや、すごかったです。
照明もきれい。優美な姿がよく出ていました。
もちろん仏像自体も圧巻!
しばし見入ってしまいました。

心の選択が出来ました



平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」
東京国立博物館HPより
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=5129
薬師寺は、天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒を願って天武天皇9年(680)に創建を発願した由緒ある大和の古寺です。
はじめは藤原京に伽藍が造られましたが、養老2年(718)に平城京に移されて現在に至り、平成10年(1998)には、ユDsc_776224088_2ネスコの世界遺産に登録されました。
薬師寺には、金堂の薬師三尊像や東院堂の聖観音菩薩立像などをはじめとする名宝が、大切に保存されつづけ今日に伝えられています。

 本展覧会は、平城遷都1300年を記念して開催するもので、日本仏教彫刻の最高傑作のひとつとして知られる金堂の日光・月光菩薩立像(国宝)がそろって寺外ではじめて公開されます。
また、聖観音菩薩立像(国宝)、慈恩大師像(国宝)、吉祥天像(国宝)などの仏像、絵画の至宝に加えて、神像の名品として名高い八幡三神坐像(国宝)や草創期の寺の姿をたどる考古遺物など薬師寺の貴重な文化財をご覧いただけます。
 日本人の心の故郷ともいうべき「まほろば」奈良の都。その中でも最も古い薬師寺の歴史と美のエッセンスをお届けします

※「周南グルメマップを作成しました。
  
←クリックお願いします
←クリックお願いします!
人気blogランキング

小さな僕の夢
ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します

« 桜・チューリップ・コンビナート | トップページ | 画家で賑わう »

文化・芸術」カテゴリの記事

東京」カテゴリの記事

コメント

なかなか多趣味ですね

自分もこの目で見てみたいです

良いですね~、僕もTVで見て
実物を見たくなりましたが、時間がとれそうもなく断念しています。
全国を回ってくれないものか・・・

>マクさん
一度見たら感動しますよ
お勧め

>恵一さん
良かったですよー
心洗われました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝の日光、月光菩薩立像を見る:

» 薬師寺展 [癒しの紹介所 MAX HEART              (カウン...]
 先週の日曜日に薬師寺展に東京国立博物館にいってきました。晴れた日でとてもゆったりと時間がながれていました。東京国立博物館。古い建物と新しい建物とが調和している感じで、広い敷地だからゆったりと感じるのかもしれません。ちょうど桜が上野公園で咲いていました...... [続きを読む]

« 桜・チューリップ・コンビナート | トップページ | 画家で賑わう »

2020年8月

 
 
 
 
 
 
1
Img_0696
2
Img_0737
3
Img_0769
4
Img_0584
5
Img_0586_20200805220401
6
Img_0260
7
Img_0813
8
Img_0835
9
Img_0881
10
Img_0904
11
Img_0961
12
Img_0972
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31