« 「駅前ひろば」でお好み焼きを食べる! | トップページ | 合格への道のり »

2008年2月16日 (土)

猿猴橋(えんこうばし)

P104059920345 懐かしいです。
学生の頃、この橋の向こうの
センチュリーホテルでバイトしてました。
このホテルも今では随分変わってしまいましたね

1年ぐらいバイトしてたのに、この猿猴橋を渡ったことは数回しかなかったですね。

小さな頃に父に
「猿猴(えんこ)」とはカッパのことで
昔は川で泳いでいる人のお尻から手を入れて胆をとると教えられた気がします。

ちなみにこの
猿猴橋は、京橋とともに被爆に耐えた橋です。
被爆建築物ですね。

広島市原爆遺跡巡り よりP104060120347
猿猴橋 1926年(大正15年)現在の橋に架け替え。
この猿猴橋が完成したときには広島一の橋といわれ、渡り初めには遠方からたくさんの人が来たといいます。落成当時は橋の名前を記した四隅の親柱の上に、地球をつかんだ大きなワシ(トビ)の飾りがついていました。

また、欄干には猿猴川にすむという想像上の怪物、猿猴(えんこう)が両側から桃を抱えている銅製の飾りがありました。猿猴とは、水中にいて人の尻からながい手を入れて胆をとるという、猿のような、河童のような、しかし頭には皿のない怪物だといわれていました。

現在では地球をつかんだワシも猿猴も見ることはできません。
太平洋戦争中の金属供出で取り外してしまったからです。

明日は「ひろしま通」の検定試験です
最後の追い込みです

※「周南グルメマップを作成しました。
  左の「周南グルメマップ」をクリックしてみてください。
←クリックお願いします
←クリックお願いします!
人気blogランキング

小さな僕の夢
ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します

« 「駅前ひろば」でお好み焼きを食べる! | トップページ | 合格への道のり »

文化・芸術」カテゴリの記事

広島」カテゴリの記事

コメント

9月には猿猴橋の近くの緑地帯で「かっぱまつり」が開かれます。
去年初めてジュニアがステージに出ましたけど、大賑わいでしたよ。かっぱの着ぐるみも出没してました♪

>みかぼんさん
さっきもここら辺をウロウロして徳山に戻ってきました。
まつりは何かで見たことあります。
ステージもあるんですね。

センチュリーホテルは工事中なんですね。
今日そばを通りました。
試験もですけど、やはり勉強されること自体知識に磨きがかかりますね。
感心しますm(__)m。

>kei.さん
私、今日もこの辺りをウロウロして
徳山に帰りました
昼頃かな?

猿猴橋町電停は、乗り降りする人を滅多に見かけませんね。

猿猴って河童のことだったんですね。
初めて知りました。
今度通るときは尻の穴に気をつけたいと思います(笑)

試験ですか!
そういう言葉に弱い私は、とてもとてもという感じです。
頑張ってください(他人事・・・苦笑

猿猴橋って、たしか広島駅前大橋のすぐ横でしたよね。
子供の頃、親と一緒に駅に向かう途中、橋の周囲の両岸にバラック建ての汚い家が並んでいたのを覚えています。

>昔は川で泳いでいる人のお尻から手を入れて胆をとると・・・

私も親から聞きましたよ((笑い

広島駅前Bブロックの開発事業が近々始まりますね。
その周辺が大きく変わるでしょうね。

>通りすがりさん
広島駅に近すぎますよね

>piromooさん
猿猴は昔、中国新聞でも記事が出たような気がします。
お尻気をつけてください

>ぬっさん
なかなか難しかったです。

>いっちゃん
昔はばらっくだったかもしれませんね。
私は、相生橋の市民球状側がバラックだったのは覚えてるんですけど
駅前も変わるんでしょうね。
駅前の
オメガランドがなくなったんで寂しいです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猿猴橋(えんこうばし):

« 「駅前ひろば」でお好み焼きを食べる! | トップページ | 合格への道のり »

2020年8月

 
 
 
 
 
 
1
Img_0696
2
Img_0737
3
Img_0769
4
Img_0584
5
Img_0586_20200805220401
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31