« 周南緑地公園の梅 | トップページ | くせになるチャンポン:まつき食堂 »

2008年2月10日 (日)

周南でもホッピーが飲めるんだ!

P1230622 周南市の駅前にある

「わたみん家」

こんなんとここで
ホッピーが置いてました!!!

関東近辺(関西では見たことないかも?)
では良く見かけていた飲料ですが、ここんとこ
大幅に売り上げが伸びてます。
三代目跡取り、「ホーッピーミーナー」さんが
広告塔となって「活躍されてます。

売り上げが三倍になったとか。



快進撃を続けてます。
P1230628
遂に周南にも進出!ですね。


味は焼酎にホッピーを注ぎます。
アッサリしていて結構美味しいですよ。
プリン体が少ないのは痛風の私にはありがたいですね
(じゃあ、飲むなよ!って感じですかね?)

やきとりにも合いますよ。

ホッピービバレッジHPより
ホッピーとは、元祖・ビアテイストの清涼飲料水。
1948年、東京赤坂で製造販売が開始され半世紀にも渡って支持され続けています。
日本人独自の酒文化「焼酎との割り飲料」のパイオニアとして知られているホッピーですが近ごろ改めて注目されているのが、その個性的な味わい方。
冷やしてそのまま飲めば低アルコール飲料に。
本格焼酎、ジン、ウォッカ、梅酒など、いろんなリキュール類と組み合わせれば
自分だけのオリジナルホッピーとしても楽しめます。

人生それぞれ生き方があるようにお酒の味わい方も人それぞれ。
ホッピーを飲んで楽しむという些細な場面にも飲む人の自分らしさを後押ししたい。
ホッピーの挑戦は、まだ始まったばかりです。

※「周南グルメマップを作成しました。
  左の「周南グルメマップ」をクリックしてみてください。
←クリックお願いします
←クリックお願いします!
人気blogランキング

小さな僕の夢
ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します

|

« 周南緑地公園の梅 | トップページ | くせになるチャンポン:まつき食堂 »

コメント

友達が飲んでいたので、特に何も思っていませんでしたが、珍しい物なんですね。

投稿: 通りすがり | 2008年2月10日 (日) 20時38分

旧新南陽方面のアルクやまるきゅうに有るのでときどき飲んでますよ
だんだんアルコール濃度が上っていくのが…

投稿: hataka | 2008年2月10日 (日) 22時22分

>通りすがりさん
ホッピーは珍しいと思いますよ
多分・・・

>hatakaさん
私も昨日周南のアルクで見つけて早速買いました。意外と酔いますね

投稿: いのたか | 2008年2月11日 (月) 08時35分

ホッピー、飲んでみたいです。。
テレビで紹介されてたのでちょっと興味あります。。
田舎にもあるのかなあ??

投稿: kurochan | 2008年2月11日 (月) 14時26分

>kurochanさん
周南にもあるんで三次にもあるのでは?
独特の味です。

投稿: いのたか | 2008年2月12日 (火) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162328/40066468

この記事へのトラックバック一覧です: 周南でもホッピーが飲めるんだ!:

« 周南緑地公園の梅 | トップページ | くせになるチャンポン:まつき食堂 »