« 抜け殻 | トップページ | 林忠彦と言えば太宰治の写真 BARルパン »

2007年9月11日 (火)

日本最高齢のBARテンダーが周南にいた!

P1190962 6月に週刊現代にも掲載された

周南市にある老舗BAR「南蛮屋


南蛮屋のママさん曰く

「バーテンダー協会の中で最高齢(女性の中でかな?)」らしい。

しかし
まだまだ現役です。

しかも、
一人で切り盛りされてます。
お元気ですよー。P1190947


7時から1時まで営業しているそうです。
休みは週に一度。


オリジナルカクテルも多数メニューにあり。
P1190948


甘めの味付けで女性好みの味ではないでしょうか?

まあ、手書きのメニューを見るだけでも楽しいですよ。P1190968



カクテルの話なんか聞くと、ママさんは話が止まらなくなるぐらいに話をしてくれます。


周南市出身の写真家
林忠彦氏も、帰省の時には良く、南蛮屋に通われたそうです。

林忠彦さんから進呈された本。
カストリ時代」「文士の時代」には林氏の印鑑が押されてました。
P1190976

P1190980P1190978

林忠彦
さんと、マスターが一緒の写真を見せていただきました。


「忠彦さんの息子さん(写真家:林義勝氏が撮影した」
とおっしゃってました。



有名な太宰治の銀座BAR「ルパン」での写真掲載されてました。

←クリックお願いします
←山口版にも参加してます
人気blogランキング



小さな僕の夢

ムコ多糖症4型A・モルキオ症候群
という進行性の小児難病と闘う、颯太君を応援します!

« 抜け殻 | トップページ | 林忠彦と言えば太宰治の写真 BARルパン »

旅行・地域」カテゴリの記事

周南市(旧徳山市)」カテゴリの記事

BAR」カテゴリの記事

コメント

うわぁ(゚∀゚)お元気ですね!
元気の秘密はなんだろう。
アルコールが全く飲めなかったりして・・・

南蛮屋さんのお店に是非行ってみたいです。
私も少し賞味期限が切れそうですので??
頑張られている女性を尊敬します。

いのたかさん~それにしてもいつもブログの
記事凄いです。牛若丸のように飛び回っていらっしゃるのですね。
そして可愛い子供さんとも上手に時間を取られて、いつも一緒に良きパパぶりに
感心しています。

>memepiさん
お客さんとの会話が元気の秘訣なんかな?
お元気ですよ。

>kikoさん
じっとするのが嫌いなんで・・・・
いつもうろうろしています。
息子は迷惑みたいです

前から気になっていたお店ですが、下世話な話、しがないサラリーマンにとって心配なのはお勘定です。チャージどれくらいなの?とか結構心配です。だいぶ前に書かれた記事なので、答えて頂こうなどと期待していませんがもしよかったら教えてもらえると嬉しいです。でもかっこいいですね~何か一筋にやっるてぇのは・・・・。

>すーさん
高くないですよ
1杯1000円ぐらいです
ただ時間帯によっては込んでますので注意くださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本最高齢のBARテンダーが周南にいた!:

« 抜け殻 | トップページ | 林忠彦と言えば太宰治の写真 BARルパン »