« ヒロシマをさがそう⑩【広島電鉄千田町変電所】 | トップページ | 原爆の子の像【平和公園】 »

2007年8月 8日 (水)

嵐の中の母子像【平和公園】

Dsc_00801141 平和公園の正面にある

「嵐の中の母子像」

最近まで気づきませんでした。
何度かこの場所には来てるのにね。
Dsc_00831142
この像を最初見たときは、背筋がぞっとしました。
しばらくそこから動けませんでした。

母親のわが子を守ろうとする力強さが伝わってきました。

バーチャルフィールドワークより抜粋>
平和公園とその周辺に数多くあるモニュメントの中で、この像の形状のすばらしさは群を抜いています。

 作者は本郷新氏です。
  この作品について本郷 新は、次のように語っています。

この作品のモチーフは、広島の惨害です。胸に乳飲み子を抱きかかえ、背にもう一人子どもを背負って、立ち上がろうとする母子の必死の姿は、まさに突進の形です。普通母子像は、暖かい愛情を表現するものですが、「嵐の中の母子像」は、いつ離れ離れになるかも知れぬという不安と、非常な事態の中での愛情の危機、もしくは極限の状態です。この、とことんまで生きようとする母子の像を通じて人間の生命の尊厳を象徴づけたつもりです。だから単なる母子像というより、母子二代にわたる悲しみ、二つの世代に横たわる悲劇の記念碑というわけです。

 1959(昭和34)年8月2日、広島市長主催の原水爆禁止世界大会外国人レセプションが開かれました。その席上、安井大会議長から浜井広島市長に贈られたのが、石こうで作られた「嵐の中の母子像」です。第5回原水禁広島大会を記念して、日本原水協が広島市民にプレゼントしたといってもいいでしょう。

 その後、広島市婦人会連合会の母親たちが募金を集め、1960年、ブロンズ像に鋳造して建立しました。

←クリックお願いします
←山口版にも参加してます
人気blogランキング


夏だ!海だ!水着だ!フォトコンテスト2007 「いのたか」応援してください

|

« ヒロシマをさがそう⑩【広島電鉄千田町変電所】 | トップページ | 原爆の子の像【平和公園】 »

コメント

この像を見るたびに
母の強さと真の愛…を感じて、
圧倒されます。

悲しい像かもしれないけど、
人間賛歌の像でもあると思っています。

すべてを破壊しつくそうとした原爆が
破壊できなかったものが
確かにここにはあるような気がして…。

私はこんなふうに子どもを守れるだろうか?

いえ、守らなくては!

と勇気付けられる像でもあります。

投稿: セラピスト☆マリリン | 2007年8月 8日 (水) 13時30分

>セラピスト☆マリリンさん
そうですね。母親の強さを感じますね。
原爆でも破壊できなかったものはあるようなきがします。

投稿: いのたか | 2007年8月 9日 (木) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162328/16041293

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の中の母子像【平和公園】:

« ヒロシマをさがそう⑩【広島電鉄千田町変電所】 | トップページ | 原爆の子の像【平和公園】 »