« 種田山頭火 其中庵(ごちゅうあん) | トップページ | 胡子講(えびすこう)に行きました »

2006年11月19日 (日)

シェ・ヤマライ

宮島に行こうとしたのですが、みな考えることは同じのようで、宮島口付近は大渋滞。
あきらめて広島へ。
牡蠣が食べたい!と、江波山にある老舗レストラン「シェ・ヤマライ」へ
私は20年ぶりぐらいに来ました。
予約してなかったので「無理かな?」と思いましたが、1席だけ空いてました。
061118_1245
地元江波で採れた牡蠣の前菜です。
牡蠣といえば「シェ・ヤマライ」といわれるぐらい有名です。

061118_13031

2500円のコースの魚料理。
鯛のムースのなかに渡蟹が入ってました。

この時期においしい牡蠣をいただくと「広島はいいなー」と思ってしまいます。

お店を出るときに雨が降り始めました。店員さんが傘を貸してくれて駐車場まで来てくれました。こんな気配りも嬉しいですね。
今度は夜の食事にチャレンジしてみたいですね。

061118_12171 トイレにさりげなく飾ってました。
老舗を維持するのは大変ですが、いつまでも続いて欲しいですね。

1900年(明治33年)、瀬戸内のさざ波打ち寄せる江波山の頂上に、小さな茶店がオープンしました。創業者の名前は『山岡来次郎』。彼の愛称からいつしかヤマライ(山来)と呼ばれるようになりました。その後、老舗の料亭、洋食屋、そしてフランス料理店へと変貌しました。移り変わる時代の中で、常に受け継がれたヤマライの精神は、『料理人の魂と一皿の感動』でした。古い歴史と料理人の魂に支えられながら、また新しい時代ヘ―――私達がこの小さな店を守り続けます。

広島市中区江波南一丁目40-2(江波山公園内)
電話 082-294-1200
営業時間 12:00~14:30(14:00オーダーストップ)
       17:30~22:00(21:00オーダーストップ但し日曜日は20:00)
定休日 火曜

クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活ブログへこれもクリックしてくれると嬉しい

|

« 種田山頭火 其中庵(ごちゅうあん) | トップページ | 胡子講(えびすこう)に行きました »

コメント

シェヤマライ・・・
とてもおいしそうですねー。とても歴史のあるお店なのですね。いつも、「陽気」の帰りに、江波山に登って、夜景を見たりしますが、そのとき、シェ・ヤマライの独特の雰囲気のお店の様子を、ふっと見かけるたび、ぜひ一度は伺いたいなぁって思っているんです。予約しなくちゃやっぱりだめみたいですよね。

投稿: コバルト | 2006年11月19日 (日) 15時43分

コバルトさんこんばんは!
「陽気」は有名なラーメン屋さんのようですね。
シェ・ヤマライは店員さんも一生懸命仕事してていい感じですよ。山小屋で外の景色を眺めながら食事するのもいいものです。
予約はしたほうがいいですよ。
と、いう私はいつも無計画ですけどね。

投稿: いのたか | 2006年11月19日 (日) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162328/12740092

この記事へのトラックバック一覧です: シェ・ヤマライ:

« 種田山頭火 其中庵(ごちゅうあん) | トップページ | 胡子講(えびすこう)に行きました »