« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

オーパ(OPA)で送別会

今日は周南のライブBAR「オーパ」で送別会がありました。

痛風でお酒はまだ控えていましたが、いい雰囲気のお店でした。

周南では有名なお店です。

マスターの送別会にちなんだ選曲によるミニライブも良かったです。

体調を整えてからまた来ようと思います。

TEL 0120-053708
〒745-0013 山口県周南市昭和通1丁目32

P1070752_3 アルキデスオオクワガタ

やっと新しい籠に移しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

徳山駅前商店街七夕まつり

『ちびっこたなばたまつり』 060629_12122_2 
 周南市の幼稚園児たちが、七夕の飾り付けをし、商店街をかざります。
「おおきくなったら、ムシキングになりたい」ってのもありました。
かわいいですね。
奏太朗は「サッカー選手になりたい」でした。
060629_1214_3(7/9まで飾りつけしているそうです)
(徳山エビスマガジンより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1966年の今日、ビートルズ来日

知りませんでした。

40年前の今日、ビートルズが来日したなんて・・・・

ちなみに1966年は私が生まれた年です。1966v

<ビートルズ来日の裏舞台>http://www.fsinet.or.jp/~magumi/BEATLES/japan/japandocument.html

http://www.sankei.co.jp/pr/visualservice/2/1966.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリポッターシリーズ6作目Photo_9

ついつい買ってしまうんですよね。だんだん大人になってゆくハリー

日に日に勇敢になってます。

ヴォルデモートの復活のせいで、国中が混乱していた。そんな中、ダーズリーの家にダンブルドアがやって来る。いったい何のために?そして、ダンブルドアの右手に異変が……。

予言は、ハリーとヴォルデモートとの対決を避けられないものにした。過酷な運命に立ち向かう16歳のハリーに、ダンブルドアの個人教授が始まる。ハリーと恋人との幸せもつかの間、ハリーにはまた悲しい別れが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

千里眼/松岡圭祐

Photo_8 千里眼は以前本屋でよく見かけたし、映画化されていたので、知ってはいたが、オカルト物かとおもい敬遠していました。

が、内容は全く違いました!

最強のカウンセラー、岬美由紀。謎の宗教組織との戦いで、感情的をコントロールして冷静な判断力を身につけてゆく岬に引かれながら、急展開で話は進んでゆく。教祖は途中で「?」という感じで解ってしまったが、心理戦の攻勢はものすごい展開ですすみ一気にクライマックスへ!

戦闘機に乗ったのは多少無理があったかな?でも娯楽ものとしては楽しく読めました。続編も読もうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尊敬される国民 品格ある国家

尊敬される国民 品格ある国家

Photo_7 渡部 昇一 (著), 岡崎 久彦 (著)

今ベストセラーの藤原正彦「国家の品格」に内容は似ているのですが、なかなか面白かったです。改めて日本の歴史を学ぼうと思いました。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」ですね

1章 「国家の品格」が、日本の運命を決める―我々は、いつまで自国の歴史に誇りを抱けないままなのか(国の品格をとりもどす暗い話ばかりの歴史教育 ほか)

2章 賢者は歴史に学ぶ―「日英同盟」が示唆する「日米同盟」のあり方(大東亜戦争を防げたラスト・チャンスはいつか日本の孤立を招いた米・英の保護貿易 ほか)

3章 国民を幸せにする指導者の条件―政治家・官僚は、なぜ戦略的思考が出来なくなったか(日露戦争直後に日本の運命は決まった井上馨が描いた「満州経営プラン」 ほか)

4章 尊敬される国となるために―明治の指導者が教える真の外交とは(「皆の衆」国家アメリカ戦前も弁論で負けた日本の外交 ほか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

オーヴァチャー(オーパスワンセカンド)届きました

昨日、自宅にオーヴァチャー(Overture)が届きました。オーパスワンのセカンドワインとして知るひとぞ知るカルトワインです。

P1070735_3 ノンビンテージで13,000円は高いです。

一番高いテーブルワインではないでしょうか?

それだけに飲むのが楽しみです。

痛風が楽になったら、記念に飲もうと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「カーズ」のチョロQ見つけました

土曜日に広島の宇品のイオンで、P1070744_2_2 7月1日から公開するディズニーアニメ「カーズ」のチョロQを発見。早速買いました。

カーズ公式サイト

http://www.disney.co.jp/movies/cars/main.html

気に入ったチョロQを少しずつ集めて5年。結構集まりました。

P1070740_2

チョロQのコレクションです!

長男の奏太朗と、ぼちぼち集めています。

USJで販売してるのも全部買いました。

二人とも収集癖があるみたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

to you /綾戸智絵

Toyoua 綾戸智絵、11枚目のアルバム

ピアノのソロを魂を絞り出すような歌声は、聴く人を圧倒させます。

6年ぐらい前に関西にいるときに「すごいシンガーがおんねん」って教えてもらっていたので以前から知ってはいたのですがアルバムをしみじみ聴いたのは今回が初めて。

彼女を教えてくれた関西の友人にそっくりなので、ついつい親近感が沸いてきます。

周南にもコンサートで来るみたいですが、即日完売みたいです。

まあ、このアルバムを聴くと納得しますね。

<綾戸智絵HP>http://www.dmi.co.jp/chie/toyou.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

幸の森(カブトムシ・クワガタ専門店)

雨ですね。痛風で足が痛いのでいい休養になりました。

夕方、周南市の「幸の森(カブトムシ・クワガタ専門店)」に行きました。

ここで、アルキデスオオクワガタをペアで買いました。店の方も飼い方を親切に教えてくれました。

やっぱり、専門店で買うと安心です。それにしても周南にこんな専門店があるとは・・・

P1070724_2

夕方、敦煌で食事しました。すごい雨でしたが、あっという間に席が埋まりました。

060625_16441_2 060625_1708_2 

デザートのゴマアイス。

おいしかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャトー ムートン ロートシルト

シャトー ムートン ロートシルト

昨年、セラーを買い替え、「なんか目玉になるワインがほしいな」と思い、無理をして買いました。こんな高いワインはもう買わないと思います。子供が成人するまでは大切に保管しようと思います。

ちなみに1988年しか飲んだことはありません。Img10461754368

このワインは2000年に奏太朗が生まれたときに、出産祝いで会社のみんなからもらいました。

その年の大晦日に飲みました。

Img10371181826 [1993] シャトー・ムートン・ロートシルト

ラベルの絵は、パルテュス氏作。
(フランスのシュールレアルズムの大家)アメリカでこのラベルに描かれた少女の裸体クロッキー画が少女虐待と非難を浴び93年ムートンの輸入が禁止された。
そのためアメリカ輸出用に白地のラベルが作られた。

結構値段が高かったので、購入するのに迷いに迷い購入。しかし数日後、オークションで落札できてしまった。現在2本所有。

Img10371181833 [1995] シャトー・ムートン・ロートシルト

ラベルの絵は、スペインバルセロナ出身のアントニ・タビエス。
アクリル製のクレヨンで描かれている。

大地の血と人間のセンスとかつてない結婚が祝われ、2つのハート(心臓)、ひとつの鼻と口と耳が描かれている。
題は「カタロニアで」  
パーカーポイント95+

Img10371181835 [1996] シャトー・ムートン・ロートシルト

ラベルの絵は、グ・ガン氏作。
中国の書道家でモアン・アート画家のグ・ガン(古千)の作品。
図柄は『心』という字が4つ組み合わされ、墨絵風の黒の濃淡を甚調に、一点赤色を加えた者。

意味は『ハート・トウ・ハート(心連心)』を表現したとのこと。  パーカーポイント94+

Img10371181837

[1997] シャトー・ムートン・ロートシルト

ラベルの絵は、女流芸術家ニキ・ド・サンファンの作品。
ワインを囲む人々の喜びをテーマに、太陽、グラスいっぱいの赤ワイン、
人の手と口などがにぎやかに描かれている。

パーカーポイント90+

Img10371182272 [2002] シャトー・ムートン・ロートシルト

ラベルの絵はロシアの画家イリヤ・カバコフの作品。

パーカー ポイント94~96+。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

オーパスワン[2001]

Img10251116126 オーパスワン[2001]

オーパス・ワンは1979年、カリフォルニアのモンダヴィ社とボルドーのCHムートンのロートシルト家とのジョイントベチャーで生まれたボルドースタイルのワイン。

ぶどう畑から瓶詰めまで細心の注意を払って育てられ、最高級のワインを造るという両家の公約を実現しました。2001年はカリフォルニア☆☆☆☆☆の当り年。だそうです。

カベルネ・ソーヴィニヨン87%、メルロー6%、マルベック2%、カベルネ・フラン2%、プティ・ヴェルド2%。濃い紫色、アロマはブラックカラント、チェリーリキュール、
フレッシュバニラムなど、さらにグラハムクラッカーと黒胡椒を思わせる。

シダックスのワイナリーが伊豆にあるのですが、ここのオーパスワンのコレクションは必見です。訪問した日に、試飲できました。とても滑らかで、濃厚で口の中にワインの味が広がりました。http://homepage2.nifty.com/inotaka2001/page011.html
昨年9月「ワールドリカーショップ」で17,400円で購入

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月24日 (土)

錦帯橋(岩国)

周南に来てから一年。錦帯橋なんかいつでも観れるとおもいついつい行きそびれてました。

20年ぶりぐらいに錦帯橋に来ました。

P1070669_2 橋を渡ったのは小学校以来ではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広大跡地

P1070663_2 広大跡地の公園です。

広島のど真ん中に大きな公園があるんです。

トータテがここに「ガーデン・ガーデン」というマンションを建設します。

近々にショールームを見に行きます。広島に居を構えることになるのかな?

転勤族には複雑な気持ちです。

P1070664_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーヴァチャー (Overture)

Img1046233912 オーパスワン オーヴァチャー (Overture)

オーパスワンのセカンドと言われながら、入手困難なワイン。ワイナリーでしか販売されていないらしい。テーブルワインとして販売されているので、ノンビンンテージ。

意味は「第一章」という意味のOPUS ONEに対して、OVERTUREは「序章」。

漫画「バーテンダー」に書いてました。

今回思い切って、買いました。PREMIER WINE NET

飲むのが楽しみです。

その前に、痛風を直さないと・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

ココの写真

先日、病気で亡くなった、ココの写真です。

13歳でした

P1040916_2 P1050106_2名古屋にいるときに、福岡の友人からもらって半年ぐらい暮らしたのですが、転勤でその後はずっと能美島で暮らしていました。 P1050116_2 P1050142_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

シャトー・ラトゥール2002年

Img10521688410 シャトー・ラトゥール2002年

はっきり言って見栄で買いました。飲み頃までは保管します。

Veritass(インポートワイン・ヴェリタス)で買いましたが梱包が丁寧でした。高いワインは安心して買えます。http://www.rakuten.co.jp/veritas/454472/461807/455474/

2002年は、クレーム・ド・カシスの香りや、ミネラルの香りを持ち、驚くほど力強く、とてもエレガントな味わいの素晴らしい出来のラトゥールです。
パーカーポイント95点~98点
飲み頃2015年~2050年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

シャトー・モンペラ

Img10161340627 週刊モーニング マンガに連載中の『神の雫』でも取り上げられたAOCプルミエール・コート・ド・ボルドー
醸造責任者はあのメルローの魔術師『ミッシェル・ローラン氏』

2000年、2001年、2002年、2003年のビンテージを保管。

3本ぐらいまとめてタカムラワインハウスで購入。
2003年はまだ3本ぐらい保管中。ブームに乗せられてついつい購入。まあ、3000円ぐらいだったから、いいかなとと思っています。
漫画「神の雫」で取り上げられ、ネットで販売されても即完売が続く、入手困難なワインに。漫画「神の雫」ではクイーンの音楽に例えられていました。
最近は高くなってきましたね。4000円台での販売も見かけます。
2003年は飲みましたが、パンチがあって濃いワインです。
<以下タカムラワインハウスのHP>
シャトー・モンペラ2001が、ドイツ誌『ヴァインレーゼ』で、94+点での第一位獲得っ!!
同誌で、
◇シャトー・ラフィット・ロートシルト:92点
◇シャトー・マルゴーは92点

という成績。そう、つまり…
ボルドー第1級格付けシャトーを打ち負かしてしまったんですっ!!
2000円台のワインが、これほどの偉業を成し遂げたとは、どうりで話題になるはずっ!!そして、とうとうココにも登場していました(^O^)v
週刊モーニング2005年1号掲載『神の雫』で取り上げられ、主人公はじめ、ワインのプロ達が、モンペラとオーパス・ワンを飲み比べています。
そして下されたのは、
『オーパス・ワンにもひけをとらないワイン』との賞賛っ!!
それ以来、探し続けて思いが募るばかり。【年代毎のブドウ品種】
1998年物:メルロ70% カベルネソーヴィニヨン30%  
1999年物:メルロ90% カベルネフラン10%
2000年物:メルロ80% カベルネソーヴィニヨン10% カベルネフラン10%
2001年物:メルロ80% カベルネソーヴィニヨン10% カベルネフラン10%
2002年物:メルロ80% カベルネソーヴィニヨン20% 
2003年物:メルロ80% カベルネソーヴィニヨン10% カベルネフラン10%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

11文字の殺人 /東野圭吾

4334712541 1987年の作品。

「狙われている」恋人がそう言った数日後に、殺され、彼の大切な資料が盗まれた。その後に彼の周辺の人たちが殺されてゆく。

推理作家の彼女は、スポーツセンター主催のクルージングで起きたある出来事に連続殺人の秘密が隠されているらしい。ことに気づく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

京橋ワインで購入

またまた、京橋ワインでワインを購入してしまいました。

Img10432089576

シャトー・ペイロー 2002

さらにはサンテミリオン最高峰第一級格付け時価3万円のシャトー・オーゾンヌ、さらには同じくシャトー・シュヴァルヴランとは全く同格の最高評価!!。
しかしかもその畑は、時価10万円のシャトー・ヴァランドローの隣に広がる樹齢80年を越えるブドウ樹が植わる脅威の区画!!。そしてそのヴァランドローにも勝った!!

Img1043766470

シャトー・グリヴィエール 1999

フランス最高評価誌[ギッド・アシェット]では準満点2つ星の評価を獲得し、さらに同じく地元評価誌誌[レヴュー・ドゥ・ヴァン・ド・フランス誌]でも準満点4つ星と、有名地元2誌に堂々掲載され、その地位がボルドーでも名だたるシャトーと肩を並べる物凄い評価を連発!!。

Img10431211854 レイニャック・キュヴェ・スペシャーレ 2000

あの世界No.1ソムリエがこのワインをティスティングした時に、時価10万円以上の最高峰シャトー・シュヴァル・ブランだと完全に間違い・・・
同じく国内ソムリエ最高峰に輝いた超一流ソムリエさん『このワインは、シャトー・マルゴーそしてシャトー・シュヴァル・ブランを上回った!』と断言し・・・
世界最高の評論家パーカーさんは、このワインをティステイングして『信じられない出来だ!、メドック第一級格付けと全く同等である!!』とベタ褒め・・・。
『濃厚なのに極めてエレガントで、口に感じる触感は極めて滑らか。タンニンも絶妙に口の中を刺激して、オーク樽の香りも絶妙に余韻に残って、その時間が極めて長い!!』

※このワインは既に3回ぐらい飲んだかな。以前はヴエノスヤマザキの看板ワインだったのですが、大きく世界に羽ばたきました。(このワインショップのコストパフォーマンスはめちゃくちゃ高いです!!!)

Img10431378638

ドメーヌ・ジャン・ミシェル・ゴヌー・ブルゴーニュ・ピノ・ファン 

[ピノ・ファン]は、ピノ・ノワールの亜種でピノ・ノワールを栽培するとその枝の横に小さな粒で実を付ける通常は捨てられてしまうとても小さなブドウ果実なんですが、実はその分ピノ・ノワールよりも濃厚トロトロな果汁が得られるということで、特別にこの種だけを選りすぐって栽培された幻の品種。

そんなブドウを使用しているからか、2280円という価格 にして驚くほど濃厚で、しかも高級ポマールと見間違うほどの魅惑の複雑味が口の中で見事に広がるんです!!。
さらにフランス最高評価誌[ギッド・アシェット]が、1978年、1985年、1990年、1996年以来となる17/20点を付ける超大当り年2002年とあってタンニンもしっかりとある
その驚くほど濃厚で複雑味が豊かなコストパフォーマンス(以上KBWINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

ブシャール・ペール・エ・フィス・ボーヌ・グレーヴ・ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ 1999

Img10431668173_1 ブシャール・ペール・エ・フィス・ボーヌ・グレーヴ・ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ 1999

ちょっと無理して購入。飲むのが楽しみです。(以下HPより)

あの専門誌『ワイン王国』においては、【ブルゴーニュ・ワイン10傑】に数えられるほどの偉大なるワインなんです!!
10傑に選ばれたその基準とは、『勇壮・雄渾なワインであること』『スケールの大きいワインであること』『精妙・精緻・フィネスを備えたワインであること』『優美・エレガントなワインであること』『ソフトでテンダーな飲みよいワインであること』そして『理屈抜きで楽しくなれるワインであること』
他に選ばれたのは、[ロマネ・コンティ]の『ラ・ターシュ』 [ヴォギュエ]の『レザムスーズ』 [デュジャック]の『クロ・ド・ラ・ロシュ』などなど名だたる造り手の、そしてその造り手を代表する名畑のワインたち!!

今回ご紹介する『ボーヌ・グレーヴ・ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ』も、名門[ブシャール]が誇る名畑です。ボーヌ屈指の1級畑『グレーヴ』の中でも最良と言われる区画この[ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ]は、遡ること17世紀「ルイ14世」の誕生と深いゆかりを持つという由緒ある名畑で、1889年以来ブシャールが単独で所有している畑です。

1999年は何と言っても過去最高の出来なんです!!

なんと地元仏最高評価誌『クラスマン』2002年度版において【9.5/10点】を獲得!!『1999年は見本的なヴィンテージである。1949年以来最もテロワールやヴィンテージの個性が表現されている完璧なワインを造り上げた!!』・・[ブシャール]が1999年に生み出した格上の特級ワインも抑え、そして名だたる造り手の1本数万円もする数々の超高級ブルゴーニュも抑えての【9.5/10点】獲得!!

その味わいたるや、『ラズベリーやイチゴのたっぷりの果実の風味に、イチジク、シナモン、紅茶やカラメル、さらには様々なスパイスも加わり、妖艶で華やかなピノ・ノワールの香りがプンプンします!!そして6年の時を重ねた程よい熟成感!!10分後の味わい、20分後の味わい、さらには1時間後と、味わう度に姿を変え、時間が経つにつれて柔らかく甘味
が増してくるかのように変化する!!』
【ワイン王国】では『これを飲んで楽しくなかったら、あなたは偏見邪心があるか、朴念仁なのだ。』などとコメントがなされておりましたが、これはもういちブルゴーニュファンとして『理屈抜きに心から楽しくなれるワインです!!』(京橋ワイン

http://www.rakuten.co.jp/kbwine/450395/450397/450434/682879/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

デルピーヌ・コート・デュ・ローヌ・ルージュ 2003

今日のワイン

デルピーヌ・コート・デュ・ローヌ・ルージュ 2003

Img10431311779 あのパーカー100点満点も叩き出すローヌワインの最高峰ミッシェル・シャプティエさんが醸造に加わる信じられない激安旨980円の登場です!!

ドメーヌ・デルピーヌは、1950年ローヌ地方の中でも最も最高の地区と言われるエルミタージュで創業した造り手。初代の当主デルピーヌさんが1990年に亡くなってからは、その素晴らしい畑はローヌ地方の英雄、ミッシェル・シャプティエさんとの共同所有になり、素晴らしいぶどうにシャプティエさんの技術が加わり新しいデルピーヌが誕生したのです!!

ミッシェル・シャプティエさんもやはりデルピーヌさんと同じエルミタージュで生まれ。1989年に父の後を継いだ時点から彼の名声が世界中を駆け巡り、まさにローヌワインのポテンシャルを世界に知らしめた英雄中の英雄
です!!

今回ご紹介デルピーヌは、そんなミッシェル・シャプティエさんが造るワインの中でも際立ったコストパフォーマンスが見事に表現されるものばかりで、本拠地でも
ある最高級のエルミタージュから始まり、980円という激安価格で登場するコート・デュ・ローヌまで、驚き連発の味わいばかり!!

ローヌ・ファンの方には是非味わっていただきたいのが、見事な本格的濃厚果実味にまろやかスパイシーさが際立つこのドメーヌの本拠地でもあるエルミタージュとクローズ・エルミタージュの白。そして激安旨大好きの方には、絶対に見逃してほしくないもう、毎日毎晩、世界最高峰の腕前がタップリタップリ堪能できてしまう、驚きのベスト・バリューです!!   (KBワイン)

赤750mlグルナッシュ50%、シラー50%

最初はいくらで購入したかわからずに、飲みました。ルビー色で若さを感じる色で余り香りがないのでは?と思いましたが、少し空気に触れさせると、驚くほどまろやかに。この値段でこのワインは驚きですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

トルセドール(シガー&バー)【舞浜】

舞浜のイクスピアリの4階にある、「トルセドール」というシガーバーに行きました。P1060285_2
お昼に前を通ったのですが気になっていました。

BARの名前の由来は、葉巻をまく職人の事だそうです。Image

早速お勧めのセット、葉巻シガー ホヨー・ドゥ・モントレー・コロネーションのスパイシーな味わいと、ジントニックの爽やかなのどごしを楽しみました。

いやいや本格的なシガーバーです。
しかも落ち着きます。

シガーとジントニックの組み合わせもいいですねー

二杯目は、フローズンダイキリ。なんとなくヘミングウエイを意識して注文。


最後はマッカランの12年をストレートで。
私の好きなシェリー系のお酒で締めくくりです。

サービスもとてもよかったです

いやいや、舞浜でこれほど楽しめるとは思いませんでした。次回も舞浜に来た時は訪れたいbarです


トルセドールバー / リゾートゲートウェイ・ステーション駅舞浜駅東京ディズニーランド・ステーション駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 9日 (金)

エレクトリカルパレード

東京ディズニーランドのエレクトリカルパレードを久しぶりに真剣に見ました。

結構見慣れているつもりでしたが、なぜか感動してしまいました。

しかしパレードのときに何で手拍子がしたくなるんでしょうかね?

P1070329_2 P1070339_2 P1070344_2 P1070348_2_1 P1070412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れミッキーを探せ!

今回のテーマは「隠れミッキーを探せ!!」です。P1060552_2

ディズニーシーでいろいろ発見しました。

ディズニーシーのほうが「隠れミッキー」は多いのでは?

隠れミッキーハンターになって、探検するのも楽しいですよ。

意外な発見があります。ホントニ

Dsc00130

P1060578

Dsc00023_2

Dsc00024

Dsc00028

Dsc00067

Dsc00123

Dsc00098Dsc00091Dsc00092_1

「ホテルミラコスタ」P1060581 P1060699_2 P1060701_2

「ディズニーリゾートライン」P1060740 

  http://homepage2.nifty.com/inotaka2001/page259.html    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

ドラマチックディズニーシー

東京ディズニーシーはテーマごとの町並みがとてもきれいなので、「ここは海外?」と錯覚してしまいそうなロケーションが満載です。子供づれでも、カップルでも楽しめます。

今回は夜景を撮影してみました。

ドラマチツクデズニーシーを。

「 ホテルミラコスタP1060624_2

P1060664_2

P1060606_2

ディズニーファンなら一度は泊まりたい憧れのホテル。

ベネチアンP1060677_2 P1060674_2   

ここの風景好きなんです。行ったことないけどベニスの雰囲気が感じられます。夜景はこんなにステキです。

「アンコール」P1060657_2

ブロードウェイのミュージカルをココで楽しめます。

「ssコロンビア号P1060650_2

ここからの風景がとてもお気に入りです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

「ドリームゲート舞浜」東京ディズニーリゾートへ!

一足早い夏休みを取り、東京ディズニーリゾートへ。

4泊5日の旅行です。

徳山から車で宇部空港まで1時間。以外に近いなと思いながら駐車場へ。

噂では聞いていたが駐車場が無料なのには驚きました。

羽田で、ポケモンジェットに遭遇P1060196_3

羽田から舞浜までリムジンバス。これも快適。しかも荷物は宅配便で送ったので荷物も少ない。初日は舞浜駅の真横にある

「ドリームゲート舞浜」P1060233_2

本当に駅の真横なんです。3時ごろ到着したので、早速チェックインを済ませ、部屋に。以外に広いです。

Dsc00015_2 部屋もきれいですし、安いのでとても気に入りました。Dsc00016_2 Dsc00017_2

早速イクスピアリの散策に。これもホテルの前が入り口なんです!

「ハーヴェスト・ムーン」で地ビールの5種類の飲み比べセットを注文。P1060253_2

おいしかったですよ。昼間から飲むビールは最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

駐車禁止の取り締まりしてました

6月1日から道路交通法が改正になりましたが、周南市でも早速取締りしてました。

「オリエンタルバー」にランチに行く途中、「南蛮屋」の近くで060605_12401_2

白バイのおまわりさんが、デジカメで駐車違反車を撮影。

周りの人は結構「やってる、やってる」って感じで見てました。(私もその一人でしたが・・・)

オリエンタルバーの今週の週替りランチはメンチカツでした。060605_12421_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LE MONACHE

P1060173_2 広島のダイヤモンドシテイにある輸入食材の店「カルデイ」

で購入した、イタリアワイン。

1000円ぐらいかな?濃くて飲みやすい。この価格でこの味は満足

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

ケイコリー/フーズ・スクリーミン

ジャズシンガーのケイコリーが、マイルスデイビスのスタンダードを歌う。

ハスキーでソウルフルは声は心に沁みます。

B0002zf0hq09

1.オール・オブ・ユー
2.アイ・ソウト・アバウト・ユー
3.アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥ・イージリー
4.アイ・クッド・ライト・ア・ブック
5.ジャスト・スクイーズ・ミー
6.サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム
7.マイ・シップ

8.イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド
9.アイ・ラヴ・ユー,ポーギー
10.ステラ・バイ・スターライト
11.ラヴ・フォー・セール
12.タイム・アフター・タイム
13.フーズ・スクリーミン
14.マイルストーンズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾道に行きました

尾道ラーメンを食べに尾道に行きました。

しかし、奏太朗がお腹が痛いといいだして断念。

なのに、帰りのSAで「お腹がすいた」だって!

結局、SAで尾道ラーメンを注文060604_1444

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

ジョヴァンニ

060603_2144広島の光町にある、イタリアンレストランの「ジョヴァンニ」に行きました。

ここは私が大学生の頃からあるお店で、味もいけてます。 060603_21441

夜の10時がオーダーストップだったのですがギリギリ間に合いました。

いやな顔ひとつせずにサービスいただきました。

感謝です

TEL 082-263-0161
〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5-106 

060603_22162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

「BARオスカー」

今日は、敦煌(徳山店)で宴会 → カラオケBOX「ユーボー」で二次会、

最後は「BARオスカー」で、樽のタリスカをストレートで飲み、
ジントニックで締めくくりました。

少し酔ったかな

http://homepage2.nifty.com/inotaka2001/page092.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »