« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

代行返上 幸田真音

4094080600 代行返上 幸田真音

ミステリーに読み疲れを感じてきたので、ジャンルを少し変えて、昔話題になった「代行返上」をテーマにした経済小説を読んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ

ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ

B00006JUEK  最近彼女に凝っている。彼女のしっとりとした歌声でスタンダードナンバーを聞くとなんだか落ち着きます。JAZZの入門にはもってこいの一枚。お勧めのします。オフィシャルWEB http://www.keiko-lee.com/index.html

曲目リスト

1. マイ・ウェイ
2. センチメンタル・ジャーニー
3. コルコヴァード
4. ティー・フォー・トゥ
5. ミスティ
6. ルート66
7. マスカレード
8. クローサー・トゥ・ワン
9. フィーリング
10. バラ色の人生
11. ハニーサックル・ローズ
12. スターダスト
13. サニー
14. ジョニー・ギター
15. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
16. アイル・ビー・シーイング・ユー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

手作り家具工房 きくや

先週近所にある「手作り家具工房 きくや」に出かけた。

さすが手作り。木の感じがしっかりでていていいですね。いい家具は一生物というか次の世代まで使えそうですね。

整理ダンス2つが気に入ったみたいで、サイズを測ってもらって帰りました。

「きくや」さんでは予算・感じを伝えると作ってくれるそうです。

こんな家具を見るとますます自分の家が欲しくなりますね。

〒745-0027 山口県周南市糀町1-26
Tel:(0834)21-2709 Fax:(0834)21-2716

http://homepage2.nifty.com/inotaka2001/page026.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

「旬遊」HIROSHIMA

「旬遊」HIROSHIMAのバックナンバーが今日届いた。

「旬遊」のキーワードは「本物」「じっくり」「より深く」広島の季刊雑誌です。

BAR黒水仙の記事(Vol.2)cover02

今から18年ぐらい前ですが、広島の安古市上安の端の近くにBARがあり、そこのマスターに「BAR黒水仙」の話を聞いたことがあり、一度行ってみたいなと思っていたが、その時はまだ若く、もう少し大人になってからかな?と漠然と思っていた。そのうちに場所を移転してしまい場所が分からなくなってしまいました。偶然、「旬遊」で見つけたときの驚きは以前、お好み村の横にあったBAR「舞人」を発見したときと同じくらいに凄いものでした。

大津島只只の記事(Vol.9)cover09

が気になり取り寄せました。只只には以前宿泊したことがあり、どうしても家族に見せたくて取り寄せました。

広島も結構いい店がたくさんあるんですね。驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

探偵倶楽部/東野 圭吾

4043718020 探偵倶楽部/東野 圭吾

アマゾンで購入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

大津島 小屋場只只に泊まりたい

3月に奥さんの友人が来るので、大津島 小屋場只只に電話したのですが、予約で一杯とのこと。残念!

といっても一日一組の宿なんで、休日は結構一杯のようです。

以前、宿泊しましたが、ここからの海の景色は絶景です!!!

是非、家族に見せたいと思っているのですが、なかなか機会がないですね。

sh530003 只只からの夕日はこんなに綺麗なんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

永住できるマンション―後悔しないマル優マンション識別法

アマゾンで

「永住できるマンション―後悔しないマル優マンション識別法」

「永住できるマンション〈Part2〉快適に暮らすための管理と運営」

を購入。今日届きました。早いですね4822240770

4822240991 マンション購入する前に熟読しょうと思います。

結構古い本ですが、今読んでも勉強になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

ヴォイセズ~ベスト・オブ・ケイコ・リー

徳山のTSUTAYAでCDを借りた。

B00005ULGS ケイコ・リーは前から気になっていたのですが今回はベストアルバム

「ヴォイセズ~ベスト・オブ・ケイコ・リー」
を借りました。しっとりと大人の声でジャズのスタンダードナンバーを歌ってくれてます。夜にブログを書きながら聞くのにはいいですね。

お勧めの一枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

akiyama回転寿司

徳山動物園近くの回転寿司「akiyama」に行きました。SH53piyy0017

店の雰囲気もよく少し高級感がありました。

値段は思ったより安かったかな。もっと高いと思っていました。

今まで「シージャック」ばかりでしたが、ここはいいですね。

夕方早い時間に行ったのですぐに座れましたが、その後は満席で結構待ってる人が多かったです。ヤッパリ人気の店はみんな良く知ってるんですね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

神戸空港開港

ほんじつ、神戸空港マリンエアが開港しました。

関西では伊丹空港、関西空港についで三番目。関西に三つも空港が必要なんでしょうか?

http://www.city.kobe.jp/cityoffice/39/030/

テラビで「やっぱ酒飲みはおでんだよ!」といっていた。

確かにおでんは日本酒に合いますよね。それにしても周南はおでん屋さんが多いです。

酒飲みの町なのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

ウイスキー復活!?

日経新聞でウイスキー特に高級ウイスキーの売り上げが伸びてきてるそうです。

最近気に入っているのが、コンビニで販売されている、ニッカウイスキーの「ブラックハイボール」一番のお気に入りはこれ!

ブラックハイボール トニック

苦味と酸味が絶妙な「ウィルキンソン トニック」で仕上げた、すっきりと飲み飽きないおいしさです。

http://www.nikka.com/product/blackhighball/blackhighball_top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

レストランマリオ

日曜日にダイヤモンドシテイソレイユのマリオで夕食を食べました。

SH53rrrr0007

マリオのパスタ!って感じ

20年前に学生のときに食べてからも変わってないですね。

おいしくいただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

またまたマンション見学【広島】

またまたマンションを見学しました。

今回は「アーバンビュー元宇品」

宇品に発想都市という提案。広島旧 市内最大規模のビッグプロジェクトで前にテレビで見たことがあり、興味があったので行って見ました。4棟からなる260世帯の大型マンションで、二階には住民専用の庭、多目的ルーム、ゲストハウス、屋上ガーデンなどあり、通路側にも専用のスペースがあり、生活空間の広さが感じられた。またオプションでミストサウナなど組み込むことができすそうです。

しかし、広大前に出来るマンションがどうしても気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

『推理小説』秦 建日子

『推理小説』秦 建日子

4309407765

今、一番旬な女優である篠原遼子がドラマで主演してる小説。(連続ドラマ『アンフェア』原作)

秦 建日子さんのブログ

http://hatablog.officeblue.jp/

内容(「BOOK」データベースより)
会社員、高校生、編集者…面識のない人々が相次いで惨殺された。事件をつなぐのは「アンフェアなのは、誰か」と書かれた本の栞のみ。そんな中、出版社に届けられた原稿には事件の詳細と殺人予告、そして「事件を防ぎたければ、この小説の続きを落札せよ」という要求が書かれていた…再注目作家、驚愕のデビュー作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

ぐりる亭【周南】

青空公園の近くにある「ぐりる亭」(鉄板焼き屋さん)で食事しました。

マグロとアスパラの和え物、煮込み、ステーキなどなど、何を食べてもハズレがないんです!

マスターこだわりの焼酎を飲みながらおいしい料理をいただく。

コストパフォーマンスのいい店です

ぐりる亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

『TO THE BAR 日本のBAR74選』

『TO THE BAR 日本のBAR74選』narita3

『神戸の残り香』narita4

成田一徹さんの著書が神戸の海文堂書店さんから郵便で届きました。

大人のためのガイド&絵本、切り絵作家が刻む「かけがえのない神戸」

さらにうれしいことは成田一徹さんの直筆サイン入り!しかも名前まで書いていただきました。本当に感謝です!!!p1010776_2

成田一徹 切り絵の世界

三年間、西宮の夙川に住み、梅田まで会社に通い、週末は神戸で買い物、と言う生活を送っていました。ここでも三年間は本当に充実してました。梅田のBARも忘れられないBARにたくさん出会うことが出来ました。

もうひとつ私の人生の転換期、ここで長男が生まれました。子供が出来てから訪れる神戸もまた違う意味で楽しめました。もっぱら神戸ハーバーランドなのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

診療室にきた赤ずきん /成田一徹

診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界 新潮文庫
大平 健 (著)

37718_1139220275 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
1949(昭和24)年鹿児島生れ。精神科医。幼少期をピッツバーグで過ごした帰国子女のはしり。東大医学部卒業後、しばらくしてペルーに1年滞在し貧民街で診療、帰国後は聖路加病院に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

切り絵作家の成田一徹さんが1月、2月と本を出版されました。神戸の海文堂書店さんで2月5日にサイン会が開催されました。店長の福岡さんからメールで連絡頂き、郵送していただくことになりました。

1月には……、『TO THE BAR 日本のBAR74選(朝日文庫・税込567円)。

2月には……、『神戸の残り香』(神戸新聞総合出版センター・税込1,890円)。

明日届くことのこと。楽しみです。(福岡さんのはからいで名前も入れてもらうことが出来ました)

 ~ 成田一徹 ~
1949年神戸市生まれ。38歳で切り絵作家として独立し、週刊誌・月刊誌・新聞などに作品を発表しながら全国で個展を開く。鋭い切れ味をモットーとし、特にBARの情景を刻んだモノクロの切り絵は、20年来のライフワーク。酒をこよなく愛し、気さくな人柄は海文堂書店の店員にも熱烈に支持されている。
また、そごう神戸店本館9階・アートギャラリーで原画展が開催されます。「神戸の残り香 ― 成田一徹 切り絵の世界 ―」。会期は、2/7(火)~2/13(月)です。こちらにも、ぜひお運びください。 http://www.kaibundo.co.jp/(海文堂HPより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

『リアルワインガイド』Real Wine Guide

リアルワインガイド 第12号 特集:ワインのREAL、新常識

img10342376090 気にはなっていた雑誌ですが、徳山駅前の本屋さんではなかったのでなかなか買えませんでしたが、今回「ワインのREAL新常識」というテーマに魅かれて購入。

今までのワイン本の常識を覆すというか、ここまで言ったらスポンサーがつきにくいのではないかと心配するぐらいの画期的な内容でした。

ワイン好きにはたまらない本ではないでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

『神の雫5』

週間モーニング連載中の人気ワインマンガ4063724905 「神の雫」5巻を購入。

天才的なテイスティング能力を 秘めた神咲雫とソムリエ見習いの紫野原みやびは、天上のワイン『神の雫』を探し求める。

この本で「シャトーモンペラ」にはまってしまい、今や在庫は6本。

「Real Wine Guide12」には”普通においしい”との辛口の批評が。最初の試飲の時には結構パンチが聞いていていいワインだと思っていたのですが・・・ネットのワインショップでは売り切れ状態が未だに続いているしね。もっと自分の舌を磨かなければと思いました。

徳山駅周辺の本屋では売ってないので、買うのに苦労します。

原作者の亜樹直はブログがあるので興味があればそちらまでhttp://d.hatena.ne.jp/agitadashi/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

BARかくれ家【周南】

「はしご」に掲載されえていて、ワインとチーズが楽しめる店ということで気になっていたんで行ってみました。

店内に入ると奥にチーズ専用のガラスケースがあり、チーズの種類の豊富さに驚きました。もちろんワインも充実。常時20種類ぐらいのワインが楽しめ、グラスでも10種類ぐらいは楽しめるのではないでしょうか?周南でこれほどの店があるとは!はっきり言って驚きです。

チーズフォンデュ、鴨のコンフィー、ベーコンのサラダ、生ハムのピザ・・・チーズも食べました。

リストにないワインも予算を言ったら出していただきました。

img10141061028[2002] コルビエール“ドメーヌ・ド・ヴィルマジュー”

一本目に勧められたワイン。飲みやすいししっかりした味わい。でもコノラベルは見覚えがあるような・・・・家のセラーに2001年がありました。しかも自分のHPにも紹介してた・・・バカですよね

img10351882039

シャトー・ドゥ・ランガラン ルージュ[2002]
二本目。ワインが開くのに30分ぐらいかかるとマスターに言われた。時間が経つにつれてワインがまろやかに。みんながみんな驚いていました。

Dining Barかくれ家   昭和通り1-15 0834-32-1044

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

『容疑者Xの献身』東野圭吾

37718_1138868138 『容疑者Xの献身』 東野圭吾

アマゾンのHPを見ていると、どうも私と同じような読み方をしている人が多いようだ。

探偵ガリレオ」→「予知夢」と読んで、湯川&草薙コンビを理解したうえでこの「容疑者Xの献身」を読む。よりこの本が楽しめますからねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

風邪をひいたみたい・・・

体調の管理には気をつけているのですが、風邪をひいたみたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »