« 1966年物のカロンセギュールをネットで落札。 | トップページ | 江波山公園シェ・ヤマライ »

2006年1月 6日 (金)

夜広島へ/マネーロンダリング 橘 玲著

夜、急遽広島に帰りました

マネーロンダリング * 橘 玲
6香港を舞台に金融マン崩れの主人公がオフショアを巧みに利用し、そのアドバイスを元に過去に影のある女が50億円を搾取してしまう。主人公の鋭い洞察力で女に一歩一歩近づく。
話の過程での登場人物たちの過去、歪んだ精神状況など伝わってくる。金融の話もリアルだ。
一気に読んでしまいました。


出版社/著者からの内容紹介
「五億円を日本から送金し、損金として処理してほしい」美しい女の要求は、脱税だった。四ヶ月後、女は消えた。五億ではなく五十億の金とともに。女と金はどこへ? 驚天動地の金融情報小説!

|

« 1966年物のカロンセギュールをネットで落札。 | トップページ | 江波山公園シェ・ヤマライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162328/8132296

この記事へのトラックバック一覧です: 夜広島へ/マネーロンダリング 橘 玲著 :

» マネーロンダリング、橘玲 [金融日記]
今更ながら、橘玲のデビュー作、「マネーロンダリング」を読んでみました。 この人は僕の好きな作家で、以前も幾つかの本を紹介しましたが、この小説は読んでいませんでした。 読み始めたら、けっこうはまってしまい、3日ぐらいで全部呼んでしまいました。 主人公...... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 17時27分

« 1966年物のカロンセギュールをネットで落札。 | トップページ | 江波山公園シェ・ヤマライ »