« 今年も一週間を切りました/禿鷹の夜 | トップページ | あけましておめでとうございます/宮島 »

2005年12月28日 (水)

門松 について

門松
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
門松(かどまつ)とは、正月に家の門の前などに立てられる松や竹で作った飾りのこと。松飾りとも言う。
古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依代という意味合いがある。かつては松に限らず榊、椿、楢などの常緑樹なら何でも良かった。鎌倉時代から竹が一緒に飾られるようになった。
12月29日に飾るのは「二重苦」に通じ、12月31日に飾るのは「一日飾り」といって神をおろそかにするということから、12月28日までに飾るか、12月30日に飾るのが良いとされている。(大体、12月半ば頃から置かれることが多い)また、 門松は1月6日の夕方にしまうことが多く、翌1月7日の「七日正月」を併せて7日までを「松の内」と呼ぶ。
「門松は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」の歌は一休の作とされているが、一休と親交のあった遊女・地獄大夫が一休のために詠んだものとの説もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%80%E6%9D%BE

神社の知識
http://jinja.jp/faq/list.html

« 今年も一週間を切りました/禿鷹の夜 | トップページ | あけましておめでとうございます/宮島 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 門松 について:

« 今年も一週間を切りました/禿鷹の夜 | トップページ | あけましておめでとうございます/宮島 »

2020年8月

 
 
 
 
 
 
1
Img_0696
2
Img_0737
3
Img_0769
4
Img_0584
5
Img_0586_20200805220401
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31